よくある質問 マットレスの知識

マットレスの寿命は何年?

マットレスの寿命はマットレスの種類や各メーカーの品質によっても大きく異なるため一概にはいえませんが、目安としては8~12年で買い替えの時期となります。ただし、日頃の使い方によっては長く使うことができます。ここでは、マットレスの寿命と長く使うためのポイントについて解説します。

マットレスの寿命をチェックしてみよう

お使いのマットレスの寿命を簡単に診断する方法があります。ご自身の睡眠環境を考えながら、以下の質問に対する回答の点数を足してみてください。

  • ① 寝返りをよくうつ
    少ない:1点 普通:2点 多い:3点
  • ② マットレスが凹んでいる
    全く感じない:0点 少し感じる:5点 よく感じる:10点
  • ③ 目覚めると腰が重く感じる・肩がはっているように感じる
    全く感じない:0点 少し感じる:5点 よく感じる:10点
  • ④ 買ったときよりマットレスがやわらかく感じる
    全く感じない:0点 少し感じる:5点 よく感じる:10点
  • ⑤ キシミ音がする
    ない:0点 少しする:3点 多い:5点
  • ⑥ ベッドの使用年数
    1~5年:1点 6~10年:3点 11~15年:5点 16年以上:10点
  • ⑦ 経年使用によるマットレスのホツレや破れ
    ない:0点 少しある:5点 多い:10点

点数の合計は出せましたでしょうか。次に診断結果をチェックしましょう。

  • 16点以上
    すぐに買い替えをおすすめします。
  • 11~15点以上
    そろそろ買い替えをご検討ください。
  • 6~10点以上
    しばらく買い替えの必要はありません。
  • 5点以下
    まったく問題ありません。

いかがでしたでしょうか。こちらの結果を1つの目安として参考にしてみましょう。詳しくは「ベッドの寿命を簡単診断してみよう!」をご確認ください。

マットレスの買い替え時期における目安

冒頭でもお伝えしたとおり、マットレスの買い替え時期については平均すると8~12年程度になります。それでは、マットレス種類別における寿命の目安についても見ていきましょう。

  • 低反発マットレス:3~5年
  • 高反発マットレス:6~8年
  • ポケットコイルマットレス:8~12年
  • ボンネルコイルマットレス:7~10年
  • ファイバー マットレス:6~8年
  • ラテックスマットレス:6~8年

マットレスを長持ちさせるポイント

「マットレスは安いものじゃないから長く使いたい!」と思う方も多いでしょう。日頃の使い方によってマットレスの寿命を延ばすことができます。以下の内容を参考にして定期的にお手入れすることを心がけましょう。

こまめにカバーやシーツを洗う

マットレスのカバーやシーツをこまめに洗濯することによって雑菌の繁殖を防ぐことができます。長い期間、マットレスのカバーやシーツを洗っていないと、どうしても体の皮脂や古い角質などが付着してしまいがち。その結果、ダニが発生してしまいます。長く使うためにも1週間に1回を目安に洗濯するとよいでしょう。

こまめに日干しや陰干しをする

日干し、陰干しも心がけてください。湿気の除去に効果があります。ただし、注意点もあります。マットレスによっては日干しが推奨されていないものもあります。こちらについては説明書を確認し、そのマットレスに合った干し方をすることが重要です。

ローテーションさせて使う

マットレスによっては両面を使える設計になっているものがあるので、定期的にマットレスをローテーションさせて使いましょう。3ヶ月に1回程度のペースでマットレスを回転させることで、同じところに体重がかかり続けるのを防ぐことができます。特定の場所への負担や劣化を予防できるので長く使うことが可能です。

以上、マットレスの寿命について見てきました。マットレスの種類や素材によって寿命は異なりますが、普段の使い方をちょっと意識するだけで長く使うことはできます。日々のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。また、長く使えるマットレスをお探しなら高密度連続スプリングマットレスがおすすめ。こちらは日本人の寝心地のよさを追求して、フランスベッドが開発したベッドになります。詳しく知りたい方は「高密度連続スプリングマットレス」をご覧ください。

PAGE TOP