よくある質問 快眠のポイント

快眠のための寝室の温度とは

私たちは人生の3分の1を睡眠で過ごすといわれています。一年中、いつでも快適に睡眠できたら理想的ですが、睡眠不足で悩む人も増えています。その理由の一つに季節の影響もあるでしょう。特に熱帯夜が続く夏は、暑苦しくて眠れず、寒くて厳しい冬も、すぐには寝つけない人も多いでしょう。このように日本は外気温が季節によって変わるため、寝室の温度も変化します。季節が変わっても心地よく睡眠するための、温度や湿度の関係性について解説します。

快眠のための寝室の温度は

日本には四季があるため、それぞれの季節によって外気温は大きく変化します。当然のことながら、寝室も外気温の影響を受けますので室内の温度も変わります。気持ちよく眠れる寝室の温度も夏と冬とでは異なり、夏で28℃以下、冬で10℃といわれています。この寝室温度を保つための環境づくりや、寝具、寝衣(しんい)選びが快眠のポイントといえます。

寝室の温度調節の方法について

夏の場合

夏は夜の気温が25℃を超える熱帯夜も多いので、暑苦しくて眠れない日々が続きます。寝室温度も上昇するため、熱中症を発症する恐れもあることから、エアコンを利用する人も多いのではないでしょうか。エアコン利用する際には、室内温度を適度に設定することも大切ですが、もう一つ「湿度」を調節することも重要です。

というのも、眠りに入った直後は汗をかきやすく、その状態で室温だけを下げてしまうと、体温も冷やし過ぎてしまい、寝つきが悪くなるなど、かえって逆効果を生みます。湿度を調節することで、体温を冷やし過ぎず体感温度だけを下げ、入眠直後の汗をしっかり乾かして眠りやすい環境をつくります。一晩中エアコンを利用するなら、室内温度を28℃位に設定し、湿度50~60%に調節する「除湿運転」にすると良いでしょう。薄い半袖半ズボンなどの寝衣や、タオルケット程度の寝具も使ってみるのも良いでしょう。

エアコンをつけっぱなしにしたくない人は?

一晩中エアコンを使うことに抵抗があるなら、「切タイマー」を3時間に設定することをおすすめします。就寝直後は汗の量も増えるので、タイマー運転で湿度をコントロールし汗を乾かします。最初の3時間で深い眠りの「ノンレム睡眠」と、浅い眠りの「レム睡眠」のサイクルを、湿度の良い状態で繰り返すことができるので、汗で体がべたつかず気持ち良い朝が迎えられます。

冬場の場合

寒さが厳しい冬も、なかなかすぐには寝つけないものです。寝室の温度も低いため、エアコンで暖めて眠る人も多いではないでしょうか。冬も夏と同じように28℃前後が良いと思いがちですが、冬は16~19℃の範囲が適温です。というのも、冬は寝具や寝衣も保温性が高いものを使うため、28℃は暑いくらいで、寝ている間に汗でびっしょり…ということもあります。

また、寝室と居間が別々の場合、その温度差にも注意が必要です。暖かい居間から寒い寝室に移ると、急に目が覚めてしまい、寝つきも悪くなってしまいます。エアコンで室内を暖めるなら16~19℃くらいが丁度良いでしょう。夏場と同じように湿度にも注意し、人が快適に眠れる50%前後に調整してください。

しかし、冬は特に乾燥しやすい季節ですので、湿度が30%に下がることもあります。そのようなときは、寝室に洗濯物や濡れタオルなど、「湿り気」のあるものを干したり、加湿器を使ったりなど、湿度を上げる必要がります。室内の湿度を測ってみたいなら、100円ショップでも湿度計が販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

快眠に関係する寝床内環境とは

快適な眠りには、寝室の温度調整のほか、寝床内(しんしょうない)環境を適度に整えることも大切です。寝床内環境とは、眠るときの人とマットレスや毛布などの寝具との間にできる空間の温度・湿度のことをいいます。快眠に必要な寝床内環境は、温度33℃湿度は50%が理想的といわれています。理想的な温度と湿度を保つには、保温性や放湿性が高い寝具を選ぶこともポイントです。最近では、マットレス内の温度・湿度を測定し、眠るだけで睡眠状態をデータ化し、スマホのアプリケーションを使って睡眠改善のアドバスができる機能が付いたマットレスも登場しています。

日本には四季があるため、寝室も外気温の影響を避けることできません。しかし、一年を通じて快適に眠るための工夫を凝らすことで、睡眠不足を防いで、体の疲れを取ることができます。今回紹介した、快眠のための環境づくりのアイディアを取り入れて、心地よい睡眠に取組みましょう。

フランスベッドの商品情報

PAGE TOP

ショールームはこちら

ショールーム一覧 ショールームWEB予約 ショールームイベント情報