よくある質問 マットレスの管理

マットレスの処分ってどうすればいいの?

マットレスが古くなり不要になったら時、困ってしまうのがその処分方法ではないでしょうか?マットレスは大きさも重量もあるため、普通ゴミのように簡単に処分することができません。そこで今回は、不要になったマットレスを処分する方法を解説します。

マットレスの処分する方法

マットレスは大きさも重量もあるため、古くなったものを処分する時が一番困るのではないでしょうか?今回は古いマットレスを処分する方法を5つ紹介します。処分するタイミングや状況に合わせ最適な方法を見つけてください。

粗大ごみとして自治体で処分する

マットレスは各自治体で、粗大ごみとして1,000円~2,000円ほどで処分することができます。処分方法としては、最初に各自治体の窓口に連絡をし、処分費用や粗大ごみの集荷場所、日時などを確認します。そして粗大ごみシールを扱うスーパーやコンビニで購入しマットレスに貼り付ければ、あとは指定の場所に捨てるだけです。低反発や高反発マットレスなどは広がりやすいので、ヒモでしっかり縛ってから処分しましょう。また、自治体で処分する際は、自治体が指定する収集場所まで自ら運ぶ必要がある場合もあります。マットレスは重量もあるため、女性や高齢者の方は家から運び出すのが難しいかもしれません。ただし、自治体によっては粗大ごみの運び出しに関する相談にのるところもあるようです。詳しくはお住まいの自治体のホームページで確認しましょう。

買取りサービス業者に依頼する

買取りサービス業者に依頼してお金を得ながら処分する方法もあります。有名ブランドや、電動リクライニングなどの機能が付いている場合は、買取ってもらえる可能性が高いです。その一方で、他人が使用した寝具を売る抵抗感もあるようで、使用年数が少なく美品でない限り、買取ってもらうことは難しいようです。とはいえ、無料で出張査定してくれる業者もいますので、一度連絡してみてはいかがでしょうか?

新品購入時に引き取ってもらう

新品を購入する時に、その販売店に古いマットレスを引き取ってもらう方法もあります。自分で部屋から運び出す必要もありませんし、新品を搬入してもらうタイミングで処分ができるので手間がかかりません。ただし、自治体で処分する費用と比べ少々高くなることが多いようです。販売店によっては無料で引き取ってくれるところもありますので、購入を検討する際には処分費もいくら必要なのか確認してください。

ネットオークションを利用する

最近ではネットオークションを使って、マットレスを必要とする人と直接取引するケースも増えています。取引が決まりやすい条件として、マットレスにシミや汚れがないこと、スプリングがしっかりしていること、使用期間が短いことなどがあります。よほどの美品でない限り、すぐに取引相手がみつかる可能性は低いでしょう。不要のマットレスを早く処分したい場合は、他の方法を考えた方が良いかもしれません。

廃品回収業者に依頼する

マットレスの買取りが見込めず、新品を購入する予定もない場合は、廃品回収業者に依頼する方法もあります。自分で運び出す必要がなく、全て業者に一任できます。また、実際に業者へ依頼する際には、2~3社など複数の業者から見積りを取りましょう。同じ条件で見積りを依頼すれば、費用感も掴めますし、最も安い業者が分かります。担当者もしっかり対応してくれるか見極めることもできます。しかし、安すぎるところは、違法業者の可能性もあるので注意が必要です。処分したはずのマットレスが不法投棄されるなどトラブルに巻き込まれた事例もあります。業者選びの際には「一般廃棄物許可証」があるか確認しましょう。

自宅で容易に解体、分別できるマットレスをご存知ですか?

フランスベッドでは、上質な寝心地とSDGsの実現に向け、環境負荷の軽減を両立させた新しいマットレスを販売しています。
マットレスの各種材料のそれぞれを独立しやすい構造にすることで、一人でも容易に解体・分別できるように構築した環境配慮型マットレス解体システム『MORELIY®(モアリー)』。
『MORELIY®(モアリー)』は、フランスベッドの「ライフトリートメントマットレスシリーズ」に搭載されています。

▶暮らしをかえる「ライフトリートメントマットレス」環境配慮型マットレス解体システム『MORELIY®(モアリー)』

フランスベッドの商品情報

PAGE TOP

ショールームはこちら

ショールーム一覧 ショールームWEB予約 ショールームイベント情報