インフォメーション

「第46回 国際福祉機器展 H.C.R2019」に出展

2019/09/04

「第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019」に出展
「未来型介護ベッド(仮称)」のコンセプトモデル、電動シニアカーなど、
安心できる快適な未来を目指す約50点を展示



 フランスベッド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田茂)は、
来る2019年9月25日(水)~27日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて行われる
「第46回   国際福祉機器展 H.C.R.2019」(主催:全国社会福祉協議会/保健福祉広報協会)に
出展いたします。
 本展示会では、「えがおの輪2019 ~安心できる快適な未来へ~」をテーマに、
不自由を感じる生活動作を支える商品や、介護負担を軽減する商品、認知症の方をサポートする商品など、
介護する方、される方の快適な毎日に貢献するアイテム約50点を展示いたします。
 介護ベッドを中心としたメインコーナーでは、深刻化する介護人材不足や老々介護問題への対応として、
ご本人の立ち上がりを支え、介護する方の労力を軽減できる「未来型介護ベッド(仮称)」のコンセプトモデルを
初展示いたします。寝る、起きる、立ち上がるまでの一連の動作をサポートするベッドをご覧いただけます。
また、同じくこの問題に対応し好評を得ている、電動操作で寝返りを支援し、介護者の身体的負担を軽減する
「自動寝返り支援ベッド」も出展。そのほか、2019年4月に発売した体型・症状にベッドが対応する
「マルチフィットベッド MFB-930」や、床高11cmの「超低床フロアーベッド」を展示いたします。
 身近な生活を支援する用具として、立ち座りをサポートする「リフトアップチェアシリーズ」や
普通車運転免許書返納後も安心して運転できる電動シニアカー各種をご覧いただけます。
また、睡眠やいびきをテーマにしたコーナーを設け、センサーにより睡眠状態などを把握できる
電動リクライニングマットレス「RP 5000SE」やいびき軽減枕各種を展示いたします。

 「第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019」は、国内・海外から約550の企業・団体が出展し
約12万人の来場が予想されるアジア最大規模の福祉機器展です。最新の福祉機器や介護ロボット、
障害のある子ども向けの機器の集中展示や療育相談、高齢者向けの料理講座の開催など、
毎年多彩な企画・催事が開催されています。


その他出展概要等、詳しくはこちらからご確認ください。

PAGE TOP

Copyright (C) FRANCEBED All Rights Reserved.