インフォメーション

介護ベッドの安全対策についてのご案内

2008/03/10

経済産業省の発表にありましたように、介護ベッドの使用中に使用者の生命に関わる重大な事故が複数件数発生していることが明らかになっております。

これまで弊社では、使用者や介護者に安心してご利用頂く為に、安全な商品づくりを心がけ、製品の取扱方法等の警告表示および、取扱説明書の充実を図るほか、事故を未然に防止する機能を付属するなどして、安全対策に取り組んできました。

改めてここに介護ベッドの安全対策などをご案内させていただきます。


○危険予防装置付き電動介護ベッド
背上げ時に床板とサイドレールの間に身体の一部が挟まれるとセンサーが感知し、背上げの“あがる”動作が自動的に“さがる”動作に反転します。加えて、離床・着床の際には、照明が点灯し、ベッドの上に立ち上がると音声で警告すると共に、照明が点灯します。オプションの自動通報装置を使用することで、介助者に離床・着床を通報し、事故の発生リスクを軽減します。なお、この危険予防装置は、既存の弊社製品ヒューマンケアベッドにも設置が可能です。


危険予防装置DAPS3 \124,000(税込)
(1)挟み込み予防装置
・背上げ時、身体の一部がサイドレールに挟まれると、動作を反転させ危険を回避


(2)立ち上がり検知装置
・ベッドの上に立ち上がると、照明器が自動点灯するとともに音声により警告


(3)離床・着床検知
・離床、着床の際、マットレスから離れると照明器が自動点灯
DAPS risyou3

(オプション) 自動通報装置 OP-DAPS \60,375(税込)
・ご使用の電話機とつないで、介護者の携帯電話などに通報することが可能


○挟み込み予防装置だけは単品での販売を行っております。
危険予防装置DAPS1 \46,500(税込)
挟み込み予防装置
・背上げ時、身体の一部がサイドレールに挟まれると、動作を反転させ危険を回避


・安全性・操作性に優れた、誤操作を防止するロック機能付き手元スイッチ付き
・危険予防装置DAPS3は、既存のフランスベッド製品ヒューマンケアベッドに取り付け可能

【製品】≪危険予防装置付き電動介護ベッド≫
○ヒューマンケアベッド・DAPS3 FBN-730 AN-29 (マットレス別売)
販売価格:\420,500(非課税)
発売日:平成16年5月


○転倒予防対策「サイドアップベッド」

背上げ機能と連動して、身体を包み込むように両サイドが上がり、座位姿勢を安定させてベッドからの転倒・転落を予防します。


・最大背上げ(75度)時に両サイドがそれぞれ40度まで立ち上がり座位を保持します。
・サイドアップ機能は両側、片側、フラットの3通りの背上げ切り替えが可能
・座位保持が取りにくい方や、片マヒの方に
・安全性・操作性に優れた、誤操作を防止するロック機能付き手元スイッチ付き
・危険予防装置(DAPS1)が取り付け可能(DAPS3は取り付け不可)


【製品】≪サイドアップ機能付ベッド≫
○ヒューマンケアベッド・リハビリSU  
販売価格:\354,500(非課税)
発売日:平成15年10月

≪サイドアップ&左右足上げ機能付ベッド≫
○ヒューマンケアベッド・リハビリ FBNZ-730
販売価格:\520,000(非課税)
発売日:平成15年4月



○全医療介護ベッド 導入機能

≪誤作動防止付き手元スイッチ≫
手元スイッチの裏面にある安全スイッチ(六角穴)に、切り換えレンチを差し込み、ロックすることにより誤作動を防止します。


○サイドレールをより安全に使っていただくためのアイテム

≪サイドレールカバー≫
カバーをかける事により、サイドレールの隙間から頭や手足がはみ出る事を防ぎ、安全性を高めます。


≪サイドレールスペーサー≫
サイドレールとサイドレールの隙間に身体の一部が挟まる事を防ぎ、思わぬ事故を予防します。


≪サイドレールストッパー≫
サイドレールをしっかり固定して不用意に抜けることを防止します。

PAGE TOP

Copyright (C) FRANCEBED All Rights Reserved.