眠りのドクター

”普通のいびき”と”無呼吸のいびき”

普通のいびきは、上気道が狭くなることで息を吸うとき喉が震動して起こり、いびき音は規則的です。一方、無呼吸のいびきは、息を吸うとき気道が塞がった状 態になるため、呼吸(いびき)はしばらくの間止まり、そしてあえぐように呼吸は再開され、いびきも再びかきはじめます。その際、10秒以上の呼吸停止が睡 眠1時間あたり5回以上か睡眠7時間あたり30回以上の場合を「睡眠時無呼吸症候群」と定義されています。

睡眠時無呼吸症候群の種類

無呼吸を起こす種類には、大きく分けて「閉塞型」と「中枢型」とがあります。閉塞型は喉が物理的に塞がり、激しいいびきをともないます。中枢型は脳内にある呼吸中枢の障害が生じるために発症し、比較的珍しいタイプでいびきもそれほど激しくはありません。

無呼吸の特徴
  • 起床時

    喉が渇く、頭がスッキリしない、頭痛がする

  • 日中

    眠気が強い、集中力がない、体がだるい

  • 夜中

    トイレの回数が増える、息苦しくて目が覚める

無呼吸の影響

無呼吸によって睡眠中に覚醒反応が頻繁に起こるため、睡眠が浅く質も悪くなり、健康面だけでなく、日常生活や社会活動にも影響を及ぼします。この睡眠時無 呼吸症候群は幅広い年齢層に見られることから、労働や学業への意欲低下や授業中・運転中の居眠りなどに現れるほか、これらが怠け者と誤解をうけ、うつ病と 誤診されることもあるので啓蒙活動や専門医・技師の養成、診断治療施設の増設が急務となっています。

フランスベッドの取り組み

弊社の関連会社フランスベッドメディカルサ-ビスでは、睡眠時無呼吸症候群の早期発見・早期治療を目的として睡眠解析トレーニングセンターを開設し、医師・検査技師を対象とした睡眠データ解析技術の研修、また検査・治療を行う全国各地の医療機関を紹介するシステムづくりにも取り組んでいます。

※参考文献: 「睡眠障害」井上昌次郎 講談社現代新書

PAGE TOP

Copyright (C) FRANCEBED All Rights Reserved.